FC2ブログ

はじめに


当blogは管理人による版権二次創作・女性向け表現・オタク要素などを含むblogです。
ご理解頂ける方のみご覧下さい。

管理人個人の趣味サイトですので、原作者様・出版社様および関係者様各位とは一切関係ありません。
当blog内の文章・イラスト等のダウンロードや無断転載はおやめ下さい。

※PICSに準拠したセルフレーティング(ラベリング)を管理者側にて行っていますが、
 R15程度のイラスト・文章が含まれている記事も有りますので、閲覧の際はご注意下さい。


【イベント等参加予定】


スポンサーサイト 

--/--/--
--.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

通販について 

2013/03/02
Sat.

おっとっと…ラブコレ新刊の通販予約が始まっていたようです。


とらのあなさんにて


再版手続きなどしていたのでちょっと遅くなりましたが(^_^;)
風千本「ことのは」は3月中旬から販売開始予定です。
1月インテで発行した神はじ本「巴衛くんのしっぽ」も委託してまして、そっちは早ければ来週にも販売開始されると思います。

というわけで追記にて新刊のお話に関してつれづれと。

鬼と人とが全く別の言語を使っていたら、というお話です。
風間さんや天霧など外部との接触がある者は人語の教育を受けているので、千鶴の前では人語を使っていました(とある読者さんに「知識として人語を習得しているから、風間さんには西の訛りが無いのですね!」と言われてハッとしました。そういう整合性もありますね。気付いてなかった(笑)。)。
元は全く別の切り口で、風間さん⇔千鶴ちゃん の間で言葉が通じなかったら…?というお話にする予定だったのですが、それだとどうしても腑に落ちなくて練り直してこの形になりました。こっちの方がすっきり納得のいく形になったと思います。

藤乃ちゃんは名前をどうするかしばし迷いました。
菊君さんが花を冠しているので、鬼の女性は花の名をつけるのかも?と勝手に解釈し、最初「八重」にしてました(花とも風とも取れるように)。しかし某大河とばっちり被ってしまってる事に気付きまして(苦笑)。
なので西国に咲く藤の名をつけました。ゆえに表紙も藤。(わかりづらいこだわり。笑)
お千ちゃんとはまた違ったベクトルで、良い友達になれるんじゃないかと。
オリジナルキャラが苦手な方はごめんなさい。でもこの子が居ないと始まらないお話だったので。(・ω・;)

細かい内容等については、読んで下さった方がそれぞれ解釈してくれたら良いと思います。

あ。ラストシーンがですね。。。
千鶴ちゃんにベタな甘いセリフ(「好きです」的な)を言わせて、「最初にこの言葉を言いたくてずっと秘密で勉強してました」って感じで締めようとしてたんですけど、何故かセリフが全く思い浮かばなくてですね。
お風呂でぽくぽくちーんと考えた結果、「千鶴ちゃんがそんな簡単にデレるわけないじゃん!だから思い浮かばないんだ!!」と気付きまして、急遽描き直しました。。。という締め切り前日。

そんな感じの一冊でございます。
興味を持たれた方はとらのあなさんにて春コミ新刊のついでにポチッとどうぞ。(*^_^*)

【おまけ】
「ことのは」読んだらわかるはず、という鮭マンガ。
こういう小さい言い間違いは時々あると思う。
可愛いなーと普段は見逃すけど、たまにからかって遊んでみたり。笑
s-sake
そして頭領は思った、「有能な側近をつけるべきではなかった」と…。笑

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://uracanvas.blog.fc2.com/tb.php/132-1cb6a716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。