はじめに


当blogは管理人による版権二次創作・女性向け表現・オタク要素などを含むblogです。
ご理解頂ける方のみご覧下さい。

管理人個人の趣味サイトですので、原作者様・出版社様および関係者様各位とは一切関係ありません。
当blog内の文章・イラスト等のダウンロードや無断転載はおやめ下さい。

※PICSに準拠したセルフレーティング(ラベリング)を管理者側にて行っていますが、
 R15程度のイラスト・文章が含まれている記事も有りますので、閲覧の際はご注意下さい。


【イベント等参加予定】


スポンサーサイト 

--/--/--
--.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

劇場版2回目見てきたよ 

2013/09/01
Sun.

同じ映画を2回も見に行くとかm9(^д^)
ないわm9(^д^)
円盤買えば十分だろm9(^д^)

って思ってた頃が私にもありました…



【以下ネタバレ考慮してないから注意】

あらすじが頭に入ってるので反芻しながら観てた。せいで、屯所襲撃時の頭領の跳躍(ここはこらえた)→山南さんの眼鏡パリィィィーンで笑いを堪え切れなくてふるふるしてしまった。えっ何この人震えてる…って人が居たらそれはきっと私でした。

以下真面目な感想。

相手にダメージを与えた後の「あー、もうこいつと闘う必要ねえな…。興味失せたわー。おうち帰ろう。」ってサッと冷める瞬間が堪らないなと思いました。ぶるぶる。
20130909_s.jpg
あっ左手だwww

観なおして思ったこと

頭領の圧倒的自信に脱帽。そりゃ力の差がありすぎるもんね。
致命傷を負ったヒジーに対して「楽にしてやる」為に刃を抜く頭領の慈悲深さに感動した。感動した。頭領にとって人間はまるで犬や猫のようだ。生き永らえて苦しむくらいなら俺の手で安楽死させてやる。なんという。なんという。おおぉぉぉおおおおおおおおぉぉぉおxうわああああああああ
もし。もしも。最愛の伴侶が寿命や病で倒れたときは、苦しまぬようその手に掛けてくれるのですか。頭領。そうなんですか。おおおおぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおぉぉぉおxyうわあああああああああああああああああああああ


言葉に出来ないこの萌えに救いを。誰か。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://uracanvas.blog.fc2.com/tb.php/149-f473129e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。